塗装屋の仕事ってなんだろうか

2018年03月5日

今日で展示会の設営が終了。

明日から4日間「JAPAN SHOP」という

展示会が開催されます。

 

 

このJAPAN SHOPに出店するのは3年連続3回目。

流石にもう慣れた感はあるのですが

今回は上京数日前から何かとソワソワして

緊張をしている感じがありました。

良く分からないんですが何だか不思議な感じです。

 

 

 

さて今回の展示会は「紛体塗装紛体塗装」

した感じではなくて「色」がテーマになっています。

 

 

過去2年間は紛体塗装って認知度が極端に低いので

紛体塗装を知ってもらうのがメインテーマだったんですが

今年は少し趣向を変えて、自分達が開発してきた

「色」を見てもらいその活用の提案をさせて頂きます。

 

 

「色」を変えるだけで物の印象が変わり

今までの価値を更に高めることが出来るという

色を扱う「塗装業者」としての当たり前の価値訴求を

提唱出来ればと考えています。

 

 

IMG_3250

 

今回は短冊型のアルミプレートに

これまで開発した「色」全てを粉体塗装し展示します。

 

 

お客様から依頼された塗装の仕事に対して

しっかりと要望に応えるのは当たり前で

その期待以上の物を提供出来るよう日々挑戦しています。

 

 

それが錆びにくいという耐候性であったり

納期であったり、あまり言いたくはないですが

価格であったり、、、

 

 

それプラス「色」という塗装業者として

当たり前の事に対しての要望に応えることが必然かなと。

 

 

ウェブサイトやカタログでは

中々「色」って伝わらないので

是非一度、実物を見て頂きたいと思います。

 

DSCF9813

 

毎年恒例のカードケースのノベルティも

準備しておりますので是非ともお越しください!

 

 

※数に限りがあるのでお早めに。

先着順ですので!

 

 

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちらをクリック