これも醍醐味のひとつ

2018年03月28日

今日は展示会の裏側をご紹介。

 

展示会のブース設営に於いて欠かせないのが

ブースを造作してくれる大工さん。

 

 

壁を立てて綺麗なシートを貼り

その上にさらにロゴやグラフィックを貼ったり

梁を付けたりモクタンカン組んだりと

沢山有る仕事をテキパキとこなしていきます。

 

※紛体塗装で色付けされたクランプを

インパクトレンチで豪快に締め付けても

色が剥がれないことに感心してもらいました!

 

 

DSCF9804

 

 

DSCF9758

 

DSCF9754

 

東京ではほぼ毎日と言っていいほど

どこかで何かの展示会が開催されているので

こういったブース設営を専門にしている

会社があるらしいです。

 

 

地方ではありえない業種ですね。

それで仕事が回るって驚きでした。

 

 

DSCF9766

 

展示会が開催されると

素敵なブースが沢山並ぶんですが

設営中はもうグチャグチャです。

 

 

DSCF9760 DSCF9765

 

通路はゴミだらけ、ブース内も物だらけ

通路で板を切ったりシートを切ったり

みんな時間が無いからもうグチャグチャです。

 

 

DSCF9763 DSCF9762

 

作業時間は決まっているのですが

それを超えて作業をするには有料となります。

 

しかし、大きなブースはお金を払ってでも

遅くまで作業しないと間に合わないようです。

 

 

DSCF9761

出展しないと見れない光景ですね。

こういったことも展示会の面白さのひとつ。

紛体塗装をしているだけでは見ることの出来ない光景です。

 

 

こんな感じでも開催日にはビシーっと

綺麗になって展示会が始まっていきます。

 

 

どんな業種でも職人さんって

凄いし格好いいですね!

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちらをクリック